施設一覧

スタッフ紹介

かいさいの華 施設長 宇野恵里

160906_%e7%a4%be%e4%bc%9a%e7%a6%8f%e7%a5%89%e6%b3%95%e4%ba%ba%e6%81%b5%e6%af%8d%e3%81%ae%e4%bc%9a_065

私が介護の仕事に就いたのは、友人が事故で身体障がい者になったことがきっかけでした。
その時に自分にできることが何もなく、知識がないことに悔しさを感じ、学びたいという気持ちから、本社に就職し、今ではかいさいの華の施設長を務めさせていただいています。

特別養護老人ホームのため、利用者様にはできるだけ一瞬一瞬を笑顔で共に過ごしていただきたい、私たちも笑顔で一緒に過ごしたい、その気持ちで利用者様と接するよう心掛けています。

かいさいの華では月に1、2回はボランティアさんをお呼びし、オカリナコンサートや合唱などを行なったり、季節ごとの敬老会や運動会、クリスマス会、等のイベントを職員が企画しています。日々の手芸や工作なども、利用者様が楽しんでいただけるよう、皆で試行錯誤して工夫していますが、利用者様、ご家族様にも喜んでいただいており、嬉しく思います。

利用者様向けだけではなく、立地的に小学校の近くにあるため、小学校の子どもたちが自然にここに立ち寄って、おじいちゃん元気?おばあちゃん元気?と言ってもらえるような、地域に根差し、愛される施設を作っていきたいと思っています。

避けては通れない、”看取り”ですが、一人の人の、最後の時を一緒に過ごせるということは、貴重かつ、責任の重いことです。
その方が自分らしく、できるだけ最期まで笑顔でいていただけるように、お亡くなりになっても、ご家族様からありがとうと言っていただけるように、これからも寄り添う介護を続けていきたいと思っています。

 

たかすの華 施設長 深水 富美笑

深水施設長私たち職員は、常に利用者様とそのご家族様に”寄り添う”という気持ちを柱に、サービスをご提供させていただいております。

私は介護福祉業に従事して13年が経ちます。
准看護士でもありますので、医療と介護の両方の面からさまざまな利用者様、ご家族様と日々関わらせていただきます。そうした経験から、私自身もたいへん多くのことを勉強させていただいています。
少しでもその恩返しができたらと日々感謝しながらつとめさせていただいています。

ご家族の負担を軽減するためにも、また、ご本人が穏やかに充実した余生を送られるためにも、いつでも気軽にご相談いただけるよう相談窓口となり、地域の方々にもいつでも立ち寄ってお話いただける温かい雰囲気の施設を目指しています。