タグアーカイブ

介護チャレンジスクール

7月16日 第5回介護チャレンジスクールで施設の食事を体験

2018年7月16日(月祝)、第5回介護チャレンジスクールを開催しました。

テーマ『介護を身近に考えてみよう』

午前中は、「かいさいの華」の見学や高齢者とのふれあいなどを体験しました。
午後からは高齢者介護について3つの視点に分けて学びました。

参加には多数のお申し込みをいただき、当日はその中から、
大人9名、子ども(年少~中学生)16名の計25名にご参加いただきました。
また、大垣桜高校の生徒5名がボランティアスタッフとして参加してくれました。

image001 image002

 

施設見学

施設の中に掲示してある写真を見ながら、季節の行事や利用者の日常の様子についてお話しました。
ベッドの使い方、トイレ、手すりの高さ、お部屋の広さ、カーテン、など全てに基準があり、何故そうなっているのか。
浴室についても、利用者の健康状態を観察しながら、希望に寄り添っていることなどをお話しました。

image003

みなさん、一つ一つに興味を示し熱心に説明を聞いていました。

 

利用者とのふれあい体験

小規模多機能の利用者とのふれあい体験を3つのテーマに分けておこないました。

  • 一緒に歌ったり早口言葉を言い、嚥下機能向上を行うことも説明する。
  • 質問を決めて利用者とお話する
  • 昔遊び(あやとり)を利用者に教えていただき一緒にやってみる。

image005 image007

積極的に話しかけ、楽しく会話をしたり笑顔で遊ぶ子どもたち。
しかし、なかなか話しかけられない子どもたちもいます。
そんなときには、ボランティアスタッフの高校生が上手にリードして一緒に参加していました。

 

 介護施設の食事を実際に食べてみよう

当日の実際の昼食の「ミキサー食」と「普通食」を食べ比べました。
メニューは、鶏華風天ぷら、菜の花生姜醬油和え、味噌汁、ご飯です。

みなさん、ミキサー食に興味を示され、子どもたちは食べ比べてメニューを当てたり味わう様子もみられました。
目で見て食を楽しむ大切さ。何故ミキサー食なのか。
説明を聞きながら、少量の試食をかみしめていました。

image009

 

高齢者疑似体験

「お年寄りを知ろう!」をテーマに自分たちと高齢者の身体の違いについて考えました。
身体の一つ一つを挙げて、違いを考えてみました。

また、実際に手足に重りを付けたり、高齢者の視野に近づけたゴーグルをつけて体験しました。

そして最後に、目の見えない方を道案内する体験をしました。
2人1組になり、1人がアイマスクをつけ、もう1人が障害物を説明しながら道案内をしました。

image010

参加者からは、「高齢者の気持ちや、目の見えない方の気持ちを実際に感じることができて、良かった。」「凄く身体が重たい。」などの声が聞かれました。

 

介護施設での医療

介護施設での看護師の仕事について説明しました。
バイタルサインについてもお話しました。

解説の絵を熱心に見ながら話を聞く姿が多く見られ、大人の方もメモをとりながら聞いていました。

 

クイズに挑戦!

車椅子の名称当て

3グループに分かれて、車椅子の部位の正式名称のカードを車椅子に貼りました。
難しいところは、ボランティアスタッフの高校生がリードし、各チーム何度も張り替えながらみんなで考えていました。

認知症を理解しょう!

「年をとることによる物忘れ」と「認知症の物忘れ」の違いをテーマに、寸劇を見てどちらなのかを当てるクイズを5問しました。

image012

子どもたちもクイズに興味を持ち、一生懸命考えて答えてくれました。

認知症の方を知っていただき、接する機会があれば声をかけてお話して欲しいこと、
歳をとることへの理解、認知症は病気であることの理解についてお話しました。

 

修了証書授与式

参加者お一人ずつに社会福祉法人恵母の会理事長より修了証書を授与しました。

image013

 

ご家族全員での参加や、前回に引き続きの参加などもあり、
介護チャレンジスクールでの学び・体験への期待の大きさを感じました。

今回は小学校高学年や中学生など大きなお子さんの参加が多かったことも印象的でした。

 

みなさん、介護をより身近に感じていただけたでしょうか。

この日学んだこと、感じたこと。
ぜひ家族やお友だちにもお話してみてくださいね。

ご参加いただいた皆さま、ボランティアとしてご協力いただいた大垣桜高校の皆さま
ありがとうございました。

【満席御礼】7月16日介護を身近に考えてみよう!第5回介護チャレンジスクール

【満席御礼】(2018.7.11)
おかげさまで、第5回介護チャレンジスクールは満席となりました。
多数のお申込みありがとうございました。


介護を遠い未来の特別なことだと思っていませんか。

誰でも歳をとります。
わたしも、あなたも、大切な家族も。

今、あなたが介護について知ろうとするその気持ちが
将来携わるかもしれない親やパートナーの介護にきっと役立ちます。
また、現在介護で困っている身近な人の助けになるかもしれません。

家族や社会が互いに支え合える、思いやりの心を学びませんか?

第5回介護チャレンジスクール参加申込書

おかげさまで5回目の開催です。

第5回介護チャレンジスクール『介護を身近に考えてみよう!』

日程・内容

日時:2018年7月16日(月祝)10:00~15:00
場所:羽島市民会館(羽島市)、地域密着型特別養護老人ホーム・小規模多機能「かいさいの華」(海津市)
費用:参加無料
その他:送迎バスあり

介護施設を見学し、介護職員の仕事の様子を見たり、高齢者の方々とふれあいます。
今回は、通常なかなか体験できない“介護食の試食”も予定しています。
また、大人気の高齢者擬似体験もできます。

参加者は10時集合。
羽島市民会館あるいは海津市役所にお集まりください。
かいさいの華へ向かうバスの中でのミニ講座から講座がスタートします。

参加者には終了証を授与します。
軽食あり。同日開催のフェスタ夏2018会場で使用できる綿菓子券プレゼント。

ぜひ親子でご参加ください。
子どものみ、大人のみの参加も大歓迎です。
幼児のお子様は必ず保護者の方と一緒にご参加ください。

参加申し込み

介護チャレンジスクールは事前申込制です。
当日参加も可能。ただし、予約優先のため予めご了承ください。

PC・スマホから:参加申込みフォーム(24時間受付) https://ws.formzu.net/fgen/S73909906/
電話:058-391-1933(平日9:00~18:00受付)
FAX:058-391-7339(24時間受付)

チラシ・参加申込書

FAXをご利用の方は下の参加申込書をダウンロードしてご使用ください。

第5回介護チャレンジスクール案内チラシ(参加申込書)ダウンロード(PDF形式1.1MB)

 

こちらもお楽しみください

当日は、羽島市民会館で フェスタ・夏2018『学ぼう!遊ぼう!体験しよう!!』
◆福祉用具展示会
◆家庭教育講座ミニ講演会
◆体験&販売マルシェ(要参加費)
同時開催です。

ご家族みなさんでぜひお楽しみください。
ご参加をお待ちしています。

第4回介護チャレンジスクールで高齢者擬似体験

2018年3月24日(土)、第4回介護チャレンジスクールを開催しました。

これは、社会福祉法人恵母の会が主催し、
岐阜県介護人材確保対策補助金事業としておこなったものです。

事前にお申し込みいただいた20名と、一部の講座のみの5名、
園児から大人まで計25名にご参加いただきました。

介護のこと、楽しく学ぼう!

講座は次の5つ。講義と体験を通して、介護や高齢者について学びました。

A. 車椅子のこと、知ってる?
B. 実はすごい!食べること・飲むこと
C. 認知症ってなに?
D. 歳をとるってどんなこと?(高齢者擬似体験)
E. ここまできたか!最新・福祉用具を体験

A. 車椅子のこと、知ってる?

車椅子のこと、知ってる?

車椅子の種類や使用方法について
開閉の仕方から使用上の注意点、介助の仕方まで学びました。

車椅子を見たことはあるが、触ったことがない方がほとんど。

車椅子は障がいのある方の大切な移動手段であり、足と同じであること、
障がいの部位やその方の用途により車椅子も多種多様であることなどをお話しました。

B. 実はすごい!食べること・飲むこと

実はすごい!食べること・飲むこと

お菓子と水を準備し、体験型講義をおこないました。

口に入れたものを咀嚼する回数を制限し、顔を上に向けた状態で飲み込んでみます。
苦しくてなかなか飲み込めません。

普段の姿勢で、水を飲みながらであれば、簡単に飲み込むことができました。

姿勢、食べ物の固さ、量、老化などによって誤嚥の可能性があることを体験しました。
食べる時ははじめに水分から摂ることの重要性も体感していただきました。

高齢になるとこのようなことが日常的にあり、
むせた時やのどにひっかかり窒息、誤嚥性肺炎など危険が潜んでいることをお話しました。

C. 認知症ってなに?

認知症って、なに?

突然、講師が認知症の高齢者を演じ、みなさん戸惑いながら講座が始まりました。

講座では、認知症は病気であることや、「老化による物忘れ」と「認知症による物忘れ」の違いについて紹介しました。
また、高齢者全般の接し方を紹介した上で、特に認知症の方に特化することではないことなどもお話しました。

D. 歳をとるってどんなこと?(高齢者擬似体験)

歳をとるってどんなこと?高齢者擬似体験

耳栓、アイマスク、ゴーグル、下肢用ウエイト・サポーター、手袋を使い、
聴覚、視覚、肢体不自由等も含めた高齢者疑似体験をしました。

介助者が声を掛ける際のポイントを教わったあと、
2人ペアとなり、1人が擬似体験を、もうひとりは誘導の介助を行いました。

E. ここまできたか!最新・福祉用具を体験

車椅子試乗

最新福祉用具体験

車椅子に触れたり、実際に乗って操作するという体験をしました。

その他にも、最新の福祉用具について説明を受けると、最新技術に感心する声が聞こえていました。

認定証授与式

5つの講座全てに参加した方には、認定証をお渡ししました。

ミナモが遊びに来てくれて、一緒に記念撮影をすることもできました。

ご参加くださいました皆さま、ありがとうございました。

第4回介護チャレンジスクール

私たちは介護チャレンジスクールを通して
高齢の方や障がいをお持ちの方への理解が深まり、
子どもたちに思いやりの心が広がることを願っています。

介護のこと、楽しく学ぼう!3/24(土)第4回介護チャレンジスクール

介護チャレンジスクール参加申込書

第4回介護チャレンジスクール

子どもも大人も、親子で!ご家族で!
楽しく体験しながら学べる講座がいっぱい!

2018年3月24日(土)13:00~16:00
羽島市民会館1階
参加無料
送迎バスあり

今回の介護チャレンジスクールは、どなたでも参加OK!
ぜひ親子でご参加ください。大人のみの参加も大歓迎です。

学べる!体験できる!5つの講座

A,車椅子のこと、知ってる?
B,実はすごい!食べること・飲むこと
C,認知症ってなに?
D,歳をとるってどんなこと?(高齢者擬似体験)
E,ここまできたか!最新・福祉用具を体験

5つの講座に参加してスタンプを集めよう!
5つ全部集めた方には修了証をお渡しします。

参加申込み

介護チャレンジスクールは事前申込制です。
当日参加も可能。
ただし、予約優先です。予めご了承ください。

・参加申込みフォーム→https://ws.formzu.net/fgen/S73909906/
・電話 058-391-1933(平日9:00~18:00)
・FAX 058-391-7339(24時間受付)

FAXでのお申込には下の参加申込書をご利用ください。↓
第4回介護チャレンジスクール参加申込書ダウンロード

楽しい企画が同時開催!

フェスタ・春2018チラシ

当日は、フェスタ・春2018『学ぼう!遊ぼう!体験しよう!!』
◆第4回介護チャレンジスクール
◆福祉用具展示会
◆楽しいブースがいっぱい!体験&販売ブース(要参加費)
同時開催です。お楽しみに。

 

ぜひご家族みなさんでご参加ください。
お待ちしています。

介護チャレンジスクール 13名がやさしい介護を学びました

7月17日(月祝)、かいさいの華で、今回で3回目となる『介護チャレンジスクール』をおこないました。

参加者は不二羽島文化センターなど各出発地からバスで到着。
約1時間かけて施設を見学したり、高齢者のみなさんとふれあいました。

今回のテーマは『わたしにもできるやさしいカイゴ』。

自分にできることを考えるために、まずは“知る”こと。
家族や近所のお年寄りをイメージしたり、自分の家とは何が違うかに注目しながら介護施設を見学。
トイレの手すりの設置箇所は右と左それぞれのタイプがあることなどを確認しました。
また、高齢者のみなさんと話をして感じたことなどを話し合いました。

介護チャレンジスクールの講義の様子
「高齢者」「介護」について学びました

介護チャレンジスクールお出迎えの様子
施設を訪れた高齢者をお出迎えしました

介護チャレンジスクール施設の部屋を視察する様子
施設内の部屋を見学しました

介護チャレンジスクール高齢者とのふれあいの様子

介護チャレンジスクール高齢者との会話の様子
高齢者のみなさんとふれあいました

アイマスクをつけたり、耳に綿球を詰めて、「目が見づらくなる」「耳が聞こえにくくなる」高齢者疑似体験もおこないました。
さらにその状態のまま参加者同士で食事介助の体験も。「物が食べにくくなる」とはどういうことかを体感しました。

介護チャレンジスクール高齢者疑似体験の様子

不二羽島文化センターに移動後は、脚や腹、背の筋力低下を想定して「立ち上がりにくさ」の体験。高齢者を介助する際のコツも学びました。

介護チャレンジスクール 筋力・身体機能低下による立ちにくさを体験

 

はじめての体験から何かを感じ取り大きく成長した参加者13名。
最後におこなわれた修了証書授与式では子どもたちの誇らしげな姿が印象的でした。

介護チャレンジスクール記念撮影

次回は2018年2月に開催予定です。
みなさんのご参加をお待ちしています。

7月17日(月祝)“わたしにもできるやさしいカイゴ”を学びませんか

介護なんて子どもには関係ない? いいえ、そんなことはありません。
家族やご近所・・・ とても身近なお話なんですよ。
さあ、一緒に「わたしにもできるやさしいカイゴ」について考えてみませんか。

7月17日(月・祝)、かいさいの華で介護チャレンジスクール「わたしにもできるやさしいカイゴ」を開催します。

高齢者の気持ちを知り、小中学生にはどんなお手伝いができるのか、学習と体験を通して考えます。
実際に高齢者介護施設で介護の仕事を見たり、高齢者のみなさんとお話する時間もあります。
高齢者疑似体験や介護ロボットの紹介も予定していますのでお楽しみに!

当日は、不二羽島文化センター(竹鼻町丸の内6丁目7番地)と たかすの華(海津市海津町平原318-2)から送迎バスを運行。バス乗車中も講座を開催予定です。

介護チャレンジスクール・パパママのための家庭教育講座 7月17日開催

くわしくはNPO法人Forsmileの公式サイトをご確認ください。
不二羽島文化センターにて、パパママのための家庭教育講座も同日開催です。
親子でそれぞれに参加していただくこともできます。

介護チャレンジスクールは、小中学生のみなさんが対象です。
夏休みの自由研究にもおすすめ!
みなさんのご参加お待ちしています!

きっとあなたの『カイゴ』が変わりますよ。

◆お問い合わせ・お申し込みは、NPO法人Forsmile(フォースマイル)事務局まで
電話:058-391-1933、メール:info@forsmile.or.jp