新着情報

新着情報

敬老会は歌謡ショーで盛り上がりました

9月。敬老会をおこないました。

毎年恒例、特別ゲスト美空えりこ一行によるエンターテイメントショー。
今年も大いに盛り上がりました。

かいさいの華敬老会で歌う美空えりこ

グループ法人である株式会社羽島企画社長 宇野恵利子 扮する歌う舞姫、美空えりこ。
なんと一行メンバー4名は、実は全て職員です。

かいさいの華敬老会ステージの様子

全員が本格的なステージ衣装を身にまとい登場すると、涙を流して喜ぶ利用者様の姿もありました。

かいさいの華敬老会ステージの様子

華やかな衣装に心を躍らせ、
懐かしい歌をみんなで一緒にうたって楽しい時間をすごしました。

かいさいの華敬老会で握手する美空えりこと利用者様

利用者様は毎年このステージを楽しみにされています。

3日間で6施設を“巡業”されたという美空えりこ一行。
利用者様と職員への感謝の気持ちからはじまったこの巡業ですが、
利用者様から「がんばってよ」「また来てね」との声援をいただき、
「ただただ感謝。幸せです。」と話していました。

来年はどんなステージで楽しませてくれるでしょうか。

かいさいの華敬老会の様子

機関紙を創刊しました

このたび、社会福祉法人恵母の会は、機関紙を創刊しました。
年2回発行予定です。

機関紙第1号(2017年8月発行)はこちらからご覧ください。→ 機関紙のページ

介護チャレンジスクール 13名がやさしい介護を学びました

7月17日(月祝)、かいさいの華で、今回で3回目となる『介護チャレンジスクール』をおこないました。

参加者は不二羽島文化センターなど各出発地からバスで到着。
約1時間かけて施設を見学したり、高齢者のみなさんとふれあいました。

今回のテーマは『わたしにもできるやさしいカイゴ』。

自分にできることを考えるために、まずは“知る”こと。
家族や近所のお年寄りをイメージしたり、自分の家とは何が違うかに注目しながら介護施設を見学。
トイレの手すりの設置箇所は右と左それぞれのタイプがあることなどを確認しました。
また、高齢者のみなさんと話をして感じたことなどを話し合いました。

介護チャレンジスクールの講義の様子
「高齢者」「介護」について学びました

介護チャレンジスクールお出迎えの様子
施設を訪れた高齢者をお出迎えしました

介護チャレンジスクール施設の部屋を視察する様子
施設内の部屋を見学しました

介護チャレンジスクール高齢者とのふれあいの様子

介護チャレンジスクール高齢者との会話の様子
高齢者のみなさんとふれあいました

アイマスクをつけたり、耳に綿球を詰めて、「目が見づらくなる」「耳が聞こえにくくなる」高齢者疑似体験もおこないました。
さらにその状態のまま参加者同士で食事介助の体験も。「物が食べにくくなる」とはどういうことかを体感しました。

介護チャレンジスクール高齢者疑似体験の様子

不二羽島文化センターに移動後は、脚や腹、背の筋力低下を想定して「立ち上がりにくさ」の体験。高齢者を介助する際のコツも学びました。

介護チャレンジスクール 筋力・身体機能低下による立ちにくさを体験

 

はじめての体験から何かを感じ取り大きく成長した参加者13名。
最後におこなわれた修了証書授与式では子どもたちの誇らしげな姿が印象的でした。

介護チャレンジスクール記念撮影

次回は2018年2月に開催予定です。
みなさんのご参加をお待ちしています。